日本鉄道資料館

現在地: Home ディーゼル機関車

DD13

DD13は蒸気機関車に代わる構内入換用機関車として開発された形式で,支線での小運転に利用することも想定して設計されています。

続きを読む...

DD14

DD14は1960年から79年にかけ43両が製造されました。0番台(1~8)が製造された後,改良版の300番台が製造されています。

続きを読む...

DD15

DD15は,DD13に脱着式除雪装置を搭載した機関車で,DD13同様DMF31SBエンジン(500ps)を2基搭載しています。1961年11月~1972年に1~46と300番台301~304の計50両が製造されました。ラッセル装置を装着すると軸重が15.5tに達することから一部の路線には入線ができず,DE15が開発されるとともに製造が終了しています。300番台は,台車がDT113Dから歯車の強度を高めたDT113Fに変更されています。

続きを読む...

DD16

DD16は,それまでC12やC56が活躍していた軸重12tの入線条件のある線区向けに開発された機関車で,1971年から1974年にかけて65両が製造されました。保守共通化を狙い,DD51,DE10,DD13と共通の部品を多用していることが特徴です。エンジンは800psです。

続きを読む...

DD51

DD51は非電化区間の蒸気機関車淘汰のために1962年から製作された幹線用の大形ディーゼル機関車です。12気筒,出力1100PSのDML61Z形機関(当初1000PSのDML61S)2台を搭載し,軸重は乙線入線が可能な14tとされました。1号機…第1次試作型(1962年),2~4号機…第2次試作型(1963年),5~19号機…第3次量産型(1964年),20~53号機…第4~6次量産型(1965年以降)と進化してきました。

続きを読む...

DD53

DD53はDD14の除雪時の高速性能を高めたロータリー式除雪用機関車です。投雪装置を解放して幹線用旅客機関車としても使用できるように設計されましたが,わずか3両の小世帯にとどまりました。走行性能はDD51と同等ですが,冬季は除雪用に用いることからSG(蒸気暖房装置)は持っていません。

続きを読む...

DE10

DE10はローカル線や入換用途向けに開発され,1966年から1978年までの間に708両が製造されたディーゼル機関車です。重量(軸重)はDD13の56t(14t)に対し65t(13t)と,E型軸配置により軸重を低減し,大部分のローカル線区での使用が可能になっています。

続きを読む...

DE11

DE11は1968年3月,入換用機関車として製造されました。スタイルはDE10と同様ですが,車輪の空転による牽引力低下を防止するために2END側にコンクリートブロックの死重を搭載し,重量を65tから70tとしています。

続きを読む...

DE15

DE15は1967年12月にデビューした除雪用機関車です。DD15は除雪装置を取り付けると軸重15.5tに達し,線路規格の低い線区には入線できませんでした。そこで,DE10をベースにDE15が製造されました。また,DE15ではラッセル部を3点の密着式連結リンクによる連結式としたことが特徴です。ラッセルヘッドには単線用と複線用があります。

続きを読む...

DF50

DF50の写真を形式番号順に掲載します。1983年3月に四国で撮影した写真がほとんどです。

続きを読む...