日本鉄道資料館

現在地: Home 電車 JR

651系

651系は常磐線の485系特急「ひたち」置き換え用として1988年から川崎重工業で製造されたJR東日本の交直流特急電車です。

続きを読む...

E231系

JR東日本のE231系は首都圏の通勤形電車103系,201系,205系,301系や,近郊形電車113系,115系の置き換え用として開発された形式で,2000年から各線に投入されています。通勤タイプと近郊タイプがあります。

続きを読む...

E233系

JR東日本のE233系はE231系をベースとして開発された直流電車で,231系により置き換えされていなかった中央線の201系,京浜東北線の209系,常磐緩行線の203系,東海道線や高崎線,宇都宮線の211系の置き換えを目的として,2006年から投入が開始されています。

続きを読む...

E501系

JR東日本のE501系は209系をベースにした交直流対応の通勤電車で,1995年に登場し,交直セクションを持つ常磐線の上野-土浦間で使用されました。2007年3月改正以降は,上野口から撤退,トイレ設置改造され,土浦-いわき間と水戸線小山-友部間で運用されています。なお,VVVFインバータは落成時にはシーメンス社製のGTOデバイスが用いられており発車・停車時に独特の励磁音を出していましたが,5両編成では2007年,10両編成では2012年に東芝製のIGBTを使用したインバータに変更され静音化されました。

続きを読む...

E531系

JR東日本のE531系はE501系とE231系をベースにした交直流対応の通勤電車で,403・415系の置き換えとつくばエクスプレスへの対抗として営業最高速度130km/hへの向上を目的に開発されました。2005年から登場し,常磐線上野口発着中距離電車の主力として活躍しています。2013年現在,2両のグリーン車を含む基本10両編成22本(K401~K422)220両と,付属5両編成18本(K451~K468)90両,計310両が勝田車両センターに配置されています。

続きを読む...

207系

207系は1991年に登場した4扉VVVFインバータ制御車です。JR神戸・京都・宝塚・東西・学研都市線などで運用されています。営業最高速度は120km/hとなっています。福知山線事故後,ブルー帯から紺色ベースにオレンジ帯に変更されました。

続きを読む...

221系

221系は117系新快速の置き換えの他,広く関西圏アーバンネットワーク拡充のために開発された3扉近郊型電車で,転換クロスシートを備えています。

続きを読む...

223系

223系0番台は大阪環状線・阪和線・関西空港線で関空快速,紀州路快速として運用されています。日根野電車区に配置されています。

続きを読む...

225系

225系0番台は東海道本線,山陽本線において新快速,快速を中心に運用され,223系との分割併合運転も行われています。

続きを読む...

287系

287系は北近畿ビッグXネットワークで使用されている183系(485系改)の老朽化に伴う置き換えを目的として新製された系列で,福知山電車区に配置され2011年3月から営業運転を開始しました。「こうのとり」,「きのさき」などで使われています。福知山電車区の287系は窓下にダークレッドの細帯を巻いており,4両のFA編成7本と,3両のFC編成6本があります。

続きを読む...

321系

321系はJR神戸・京都線の201系・205系の置き換え用として2005年から製作された車両で,JR宝塚線・東西線・学研都市線にも乗り入れます。営業最高速度は120km/h,設計は130lkm/hとなっています。

続きを読む...

サブカテゴリ