日本鉄道資料館

現在地: Home 電車 国鉄新性能電車 101系,103系

101系,103系

101系 103系
1957年,国鉄では増大する通勤輸送に対応するため,数々の新機軸を採用したモハ90系を開発しました。台車装架式の小型軽量高速主電動機,中空軸平行カルダン駆動装置,軽量車体と台車,多段式主制御器,2両1ユニットMM'方式,発電ブレーキと電磁直通空気ブレーキ,モハ90系は1960(昭和35)年の称号改正により101系となりました。出力増強型である103系とともに首都圏や関西など広範囲で通勤電車の顔として高度経済成長を支えてきました。
 
No.D700_120526-6
2012年5月26日
103系3500番台

播但線 姫路

播但線姫路-寺前間に投入されている103系3500番台。手前がクモハ103-3500番台,後ろがクモハ102-3500番台です。
No.D700_120526-6
2012年5月26日
103系3500番台

播但線 姫路

姫路に到着した4両。方向幕が回送になりました。
 
No.D700_120103-294
2012年1月3日
101系

交通科学博物館

窓の大きい101系。オレンジバーミリオンの大阪環状線,前頭部のモックアップです。
 
No.D700_120103-301
2012年1月3日
103系

大阪環状線 弁天町

50周年マークを付けた103系。高運転台タイプで,戸袋窓の撤去や前面窓の一体化,客室窓,ヘッドライトなどなど,相当手が入っています。
No.D700_120103-310
2012年1月3日
103系

大阪環状線 弁天町

京橋行きの103系。高運転台タイプの車両で,1枚窓に改造されています。方向幕の枠も金属製の太いのもになっています。
 
No.D200_100522-125
2010年5月22日
101系

鉄道博物館

中央線の101系です。
No.D200_100522-154
2010年5月22日
103系

鉄道博物館

高運転台の103系,先頭車の前半分の車体だけ展示されています。京浜東北線でおなじみのスカイブルー,武蔵野線の西船橋行きになっています
 
No.D200_080826-13
2008年8月26日
103系

山陽本線 岡山

岡山地区で活躍するスカイブルーの103系。1972年頃,103系が京阪神地区に入り,追い出された旧国がこの岡山で活躍していたことを思い出します。
 
No.365-13
1997年3月27日
103系

阪和線 浅香

RDPによるまともな写真がようやく登場。日根野行きの4連です。
(2013/02/13追加)
 
No.N8210-25
1982年10月11日
103系とEF5861+14系
鉄道110周年記念号
東海道本線 住吉→摂津本山


もちろんEF5861を狙ったコマです。京阪神では並行する緩行線の103系や113系が優等列車にピッタリ併走してしまうことが頻繁にありました。103系はシールドビームタイプのクハを先頭にした7連です。
■参考文献
 小玉 光  新形国電のあゆみ 鉄道ファン241 1981年5月号 交友社