日本鉄道資料館

現在地: Home 電車 国鉄新性能電車 153系

153系

 
153系
国鉄では1957(昭和32)年6月,新機軸をふんだんに盛り込んだ新性能電車のさきがけとしてモハ90(1960年の称号改正で101系)を開発しました。この技術をベースに国鉄では特急用のモハ20系(151系)を開発,1958(昭和33)年に急行形として生まれたのが153系です。称号改定以前はモハ91系と呼称されました。153系は,80系湘南電車で運転されていた準急"東海""比叡"に置き換わりました。当初は準急用ということでサロは回転式シートのサロ153でした。1960(昭和35)年6月1日改正で東海道本線の急行"せっつ"に続き,1961(昭和36)年3月1日には"なにわ"が誕生。ビュッフェの付いたサハシ153と,リクライニングシートを備えたサロ152が組み込まれています。
 増備途上で当時多発していた踏切事故対応のため,Tc車を高運転台形に設計変更し,500番台が誕生しました。この形態は113系や165系など国鉄形の顔となりました。153系は当初ビュッフェ室にのみキノコ型のクーラーが設置されていましたが,サロから冷房化が進展しました。
 新幹線の延伸とともに,急行,準急や新快速,各駅停車まで時代に応じて幅広く活躍しました。
 
No.2-11
1983年3月19日
153系
山陽本線 小野田


貴重な153系。運用終了後,疎開留置,廃車待ちの悲しい姿。もちろん低運で,デコの広さが目立ちます。右側はオリジナルの美しい大目玉。
(2007/07/20追加)
No.N8201-24
1982年3月6日
165系+153系
東海道本線 名古屋


貴重な153系高運車,クハ153-500番台との連結面です。
(2005/03/12追加)
■参考文献
 小玉 光  新形国電のあゆみ 鉄道ファン241 1981年5月号 交友社
 特集 直流急行形 -153系から169系まで- 鉄道ファンVol.38 452 1998年12月 交友社