日本鉄道資料館

現在地: Home 電車 国鉄新性能電車 205系

205系

205系
205系は,1985年に登場した直流通勤形電車で,軽量ステンレス構造と界磁添加励磁制御を採用しています。冷房装置には42,000kcal/hのAU75Gを搭載,電力回生ブレーキ,軽量ボルスタレス空気バネ台車(DT50,TR235),両開き4扉となっています。
 
No.D200_100522-71
2010年5月22日
205系
大宮総合車両センター

入場中の205系です。
No.D200_080105-131
2008年1月5日
205系

川越線 日進←大宮

鉄道博物館の脇を通過する埼京線直通運転の205系10両編成。川越車両センター(東ハエ)の25編成で,川越寄りの2,3号車に6扉のサハ204を組み込んでいます。
No.365-7
1997年3月27日
205系

阪和線 杉本町→浅香

日根野電車区のR編成。2M2Tの4両です。
■参考文献
 JR電車編成表 '92年冬号 ジェー・アール・アール
 Wikipedia 国鉄205系電車