日本鉄道資料館

ED70

ED70 1~19
北陸本線米原~敦賀間の電化工事は,当初直流電化の予定を交流電化に変更,単相20kV,60Hz仕様で進められ,同時に急勾配の難所であった柳ケ瀬トンネルをもつ木ノ本~鳩原間20.3キロが余呉・深坂トンネルによって新ルートに切り替わり,昭和32(1957)年10月1日,田村~敦賀間41.4キロが電化の運びとなりました。昭和31(1956)年度債務負担でED701~18号機がこの田村~敦賀間電化開業用に製作されました。製作は18両全機を三菱電機・新三菱重工が担当し,昭和32(1957)年6~9月に落成して敦賀機関区に配属されました。ED70形のベースは試作機ED451であり,ほぼ同一構造のまま大容量化されています。単機で10‰勾配上,重連で25‰勾配上の1000t列車を引き出すことが命題であり,ED451に対し,軸重15.55t,総重量62.2tとして粘着重量増加を図り,主電動機も375kWのMT100に増強して連続定格出力を1500kWに引き上げています。また,水冷式イグナイトロンのGU20水銀整流器,および送油風冷式のTM910主変圧器もそれぞれ出力増に見合った容量増加を図っています。ED70投入により,D51単機による300t旅客列車が500tに,貨物列車もD51重連による700tの定数がED70重連で1000tに広がりました。なお電化と同時に敦賀機関区は第一区と第二区に分離し,ED70は敦賀第二機関区への配属となりました。ED70形は翌32年度債務負担により19号機が1両のみ誕生しています。ED70形の製造はこの19号機でラストとなりました。ED70形は量産機とはいっても試作的な要素が強く,整流器トラブルをはじめ,三相補機の起動,クイル式駆動装置の異常振動に加え,意外にも空転の問題などが発生し,19号機は粘着向上試験用に軸重16.0t化など対応策を盛り込んで製作されています。
ED70 1
No.61-9
1984年7月25日
ED70 1
敦賀第二機関区

敦賀第ニ機関区に大切に保存されている1号機。EF70を中心とした撮影会で美しく塗装された姿が披露され,ファンの注目を浴びていました。ED701号機は三菱電機・新三菱重工により昭和32(1957)年7月24日に落成し敦賀機関区(当時)に配置されています。前面の形状は同時期に製造された電気式ディーゼル機DF50に準じています。
No.61-12
1984年7月25日
ED70 1
敦賀第二機関区

前面の貫通扉は埋められていますが,北陸本線敦賀電化の記念碑としてきれいな状態で保存されています。

■参考文献
   交流・交直流電機出生の記録[2] 藤本勝久 鉄道ファン312 1987年4月号 交友社