日本鉄道資料館

ED71

ED71 1~55
ED71形は東北本線黒磯~福島間電化開業用として昭和33(1958)年度本予算で1~3号機の3両が量産化に先立ち試作登場しました。日立製作所(1号機),東京芝浦電気(2号機),三菱電機・新三菱重工(3号機),と各1両ずつを担当し,いずれも昭和34(1959)年4月に落成しています。この試作ED71形は大幹線の本格的運用を考慮して設計されており,10‰勾配上で1000t列車を単機で,25‰勾配上の1200t列車を重連でそれぞれ引き出す性能を有しています。この結果,軸重は16.0tを採り,総重量は64.0tとなりました。主電動機は475kWのMT101が永久並列に接続され,連続定格は初の1900kWに達しています。歯車比は1:5.47です。また,ED70形には当初設置していなかった列車暖房用装置(EG)を標準装備しています。これら3両の試験結果を踏まえ,昭和34(1959)年本予算ではED71 4~32号機が製作され,昭和35(1960)年1月~3月に竣工しています。製造会社は4~13号機が日立製作所,14~25号機が東京芝浦電気,26~32号機が三菱電機・新三菱重工となっています。これらのED71形は昭和35(1960)年3月1日の福島電化開業とともに,まず白河~福島間の旅客列車牽引を開始し,さらに同年4月1日から黒磯~福島間のほぼ全列車の牽引に就役しています。昭和35(1960)年度本予算では東北本線福島~仙台間電化開業用にED71 33~44号機が製作されました。メーカ配分は33~38号機が日立製作所,39~41号機が東京芝浦電気,42~44号機が三菱電機・新三菱重工となっています。これらのED71形は,昭和36(1961)年3月1日の仙台電化開業と同時に急行”青葉”・”吾妻”・”松島”などの優等列車から順次黒磯~仙台間の牽引を開始しています。続いて,昭和36(1961)年度第3次債務においてED71 45~49が東北本線既電化区間増強用として日立製作所によって製作され,福島機関区に増備されています。この45~49号機は車体側面のフィルタ・採光窓の形状・配置がEF60形によく似た横1列に変更されています。昭和37(1962)年度第2次債務では,ED71 50~52号機が東北本線黒磯~仙台間貨物列車増発用として東京芝浦電気に発注,製作されています。そして,昭和38(1963)年度民有車両計画では,東北本線黒磯~仙台間貨物列車増発用としてED71形のラストグループとなる53~55号機が日立製作所で製作され福島区に新製配置されました。ほぼ同時にED75 1,2号機が誕生しておりED71からED75への移行の速いことが読み取れます。
ED71 1
No.D70s_050730-18
2005年7月30日
ED71 1
仙台総合車両センター

ED711など6両の貴重な交流機関車達が仙総の一般公開に合わせ「みちのく鉄道応援団」や「東日本鉄道OB会仙台地方本部」のボランティアの方々の努力で美しく塗装され蘇ったと聞き,夏休み中の子供達と駆けつけました。当日は新幹線そっちのけでめちゃ撮り。特徴のあるスカート周り,2END側です。
(2005/07/31追加)
No.D70s_050730-34
2005年7月30日
ED71 1
仙台総合車両センター

美しいカマを目にして,わざわざ仙台まで出掛けた甲斐がありました。しょうたも大喜び。こちらが1END側です。運転席側は塗装が間に合わなかった?
No.D70s_050730-47
2005年7月30日
ED71 1
仙台総合車両センター

2END側です。新製された機関車かと見まごう美しさです。素晴らしい! この6月に下の写真1枚でED71のページを作成したのは絶妙のタイミングでした。
ED71 27
No.N8205-9
1982年3月9日
ED71 27
東北本線 郡山

郡山で待機するED71 27号機。1960年3月13日に三菱電機・新三菱重工で落成し,福島機関区に配置されています。フィルタの2段配列が新鮮に感じられます。シールドビーム2灯化改造されています。

 2005/06/18作成

■ 参考文献
 交流・交直流電機出生の記録[2] 藤本勝久 鉄道ファン312 1987年 4月号 交友社 (ED71 1~3)
 交流・交直流電機出生の記録[3] 藤本勝久 鉄道ファン317 1987年 9月号 交友社 (ED71 4~44)
 交流・交直流電機出生の記録[5] 藤本勝久 鉄道ファン320 1987年12月号 交友社 (ED71 45~49)
 交流・交直流電機出生の記録[6] 藤本勝久 鉄道ファン322 1988年 2月号 交友社 (ED71 50~55)