日本鉄道資料館

ED73

ED73 1~22
ED73形は,鹿児島本線の門司操~鳥栖間貨物列車EL化用の早期手配車として 1~11号機が昭和37年(1962)度本予算で誕生しました。ED73形は,ED72形からSGと中間台車を取り去った貨物用機で,構造はほとんどED72形と同一です。まず,中間台車がなくなったため軸配置はB-Bに変わり,これに関連して台車形式はED72形のDT119AからDT119Bに変更となりました。軸重も16.8tと最大級の数値を示し,総重量は67.2tと,ED71形の昭和36年度第3次債務車と同一規模です。主電動機はMT52,歯車比は1:4.44,総出力は1900kWと,基本的な仕様はED72形量産車と同一,水銀整流器を搭載した機関車としては最終の形式です。1~11号機に続いて,昭和37年度第1次債務では鹿児島本線 門司操~鳥栖間貨物列車電化開業用の不足分11両として,ED73 12~22号機が誕生しています。これにより鹿児島本線同区間は貨物列車の完全無煙化が図られました。ED73 1~22は風冷式イグナイトロン使用ということから,全機,東京芝浦電気で製造され,門司機関区に配属されています。
ED73 1001~1022

 昭和43(1968)年10月改正は,電化,複線化,軌道強化,貨車の2段リンク化など,線路容量拡大の各種事業の達成が見られ,大幅な列車増発と飛躍的なスピードアップが実現することになりました。鹿児島本線においても,門司~博多間の73.7kmの軌道強化工事が完了し,EC特急列車で120km/hの最高速度が許容されることになりました。これに並行して20系客車にも高速走行に備えたAREBブレーキ装置の導入が図られ,改正直前には全車両への追加改造工事が終了する運びとなり,43年10月改正から寝台特急列車の110km/h運転が開始されることになりました。ED73形もこれに対応し,EF65PF形とほぼ同様のブレーキ装置を追加することになり,ED73 1~12号機に対し改造工事が実施され,ED73 1001~1012号機が生まれました。44(1969)年10月改正では門司機関区のED73に弾力的な運用を持たせられるよう,残るED73 13~22号機に対しても同様な改造が実施され,基本番台は消滅,全機1000番台に生まれ変わりました。なお,改造はすべて小倉工場で実施され,改造前後の機関車番号は順序正しく+1000となっています。
ED73 1003
No.N8001-23
1980年3月20日頃
ED73 1003+貨物
長崎本線 諫早

ED73の貴重な唯一の写真です。ナンバーの黄色塗装はP形の証です。家族揃っての九州旅行で長崎観光の後,308D「出島8号」車内から撮影。

■ 参考文献


 交流・交直流電機出生の記録[5]  藤本勝久 鉄道ファン320 1987年12月号 交友社
 交流・交直流電機出生の記録[6]  藤本勝久 鉄道ファン322 1988年2月号 交友社
 近代形電機 転身の記録   [1]  藤本勝久 鉄道ファン347 1990年3月号 交友社