日本鉄道資料館

ED91

ED91 (←ED45)
日本の交流電化は1955(昭和30)年8月,試験線区に指定された仙山線仙台~作並間のうち,陸前落合~熊ヶ根間16.0キロが50Hz・20kV交流電化されたことにより始まっています。試験用の交流機関車として,直接式交流電気機関車1両と,整流器式交流電気機関車1両の計2両を試作することになり,直接式のED44 1が日立製作所水戸工場にて製作され,55年7月20日に国産交流電気機関車の第1号として出場しています。一方の整流器式交流電気機関車として試作されたのがED45 1で,三菱電機・新三菱重工により製作され,55年9月28日,新三重の三原製作所で誕生しました。これらの機関車はメーカ側から国鉄が借用する形態が採られ,国鉄側の落成年月日は両機とも仙山線作並電化前の1957(昭和32)年3月27日となっています。この日を境にようやく作並機関区に正式配置されたことになります。これに先立つ両機の試験の結果,交流電機の電気方式は整流器式が種々の点で有利と判断され,以降の試作改良は整流器式で進められることになり,新機軸を盛り込んだ整流器式機関車として2両が試作されています。この1両が,ED45 11で,東京芝浦電気府中工場で56年12月21日に竣工披露が行なわれています。一方ED45 21が日立製作所で57年2月末に落成しています。これらED45 1,11,21の3両は1961(昭和36)年にED91に改番されました。
ED91 11
No.D050730-132
2005年7月30日
ED91 11
森郷児童遊園

東芝製のED91 11(元EDE45 11)。2END側です。仙台総合車両センターを訪問した際,ボランティアの方から,利府駅近くの公園に保存機があると伺い,会いに行きました。保存状態が良くて感動・感激しました。
No.D050730-132
2005年7月30日
ED91 11
森郷児童遊園

こちらが1END側です。水銀整流器に風冷式のイグナイトロンを使用し,低圧側のタップ切換えを無電弧で行うなど東芝の技術を盛り込んだ意欲的な試作機です。
No.D050730-164
2005年7月30日
ED91 11
森郷児童遊園

堂々たる風格があります。行ってみてわかったのですが,森郷児童遊園は利府支線の延長上にあり,この先にも廃線跡らしき雰囲気を感じました。利府~愛宕間の廃線跡に位置しているようです。公園内はちり1つ落ちておらず,機関車も美しく整備されていて地元の皆さんの文化財保護に対する熱意に頭が下がります。
ED91 21
No.D050730-64
2005年7月30日
ED91 21
仙台総合車両センター

ナンバープレートが無いのでカマ番がわかりませんが,日立製のED91 21(元ED45 21)です。黄色のテープは致し方なし。
(2005/09/04)
No.D050730-56
2005年7月30日
ED91 21
仙台総合車両センター

ED9111と比べるとデッキの手すりが異なります。
(2005/09/04)

 2005年9月4日   ページ作成
 2009年7月19日  ページ更新

■ 参考文献

 藤本勝久 交流・交直流電機出生の記録[1]  鉄道ファン311 1987年 3月号 交友社