日本鉄道資料館

EF500

EF500-901
EF500はJR化後の高速大量輸送時代に適合する次世代高性能電気機関車として,直流区間用のEF200とほぼ同時に開発されました。EF500-901号機は1990年7月に落成した試作機です。電気方式:DC1500V/AC20kV50/60Hz,軸配置Bo-Bo-Bo,運転整備重量:100.8t,軸重:16.8t,歯車比:4.44,1時間定格出力:6000kW,1時間定格速度:81.2km/h,1時間定格引張力:26600kgf,最高運転速度:120km/h,全長:20000mm(連結面間),全幅:2905mm,パンタ折り畳み高さ:4280mm,となっています。また,新採用のボルスタレス台車,シングルアームパンタグラフを採用するなど,仕様上,EF200との共通点が多く見られます。制御方式は4500V/3000A GTOサイリスタ,ISIP6Aによる非浸漬形沸騰冷却風冷式VVVFインバータ方式で,定格出力は1150kVA×6です。また静止型GTOチョッパ,トランジスタインバータ方式による定格150kVAの補助電源装置を2台搭載しています。製造メーカは電機品を三菱電機,車体は川崎重工であり,「三電・川重」ペアによるジョイントで誕生しています。東北本線での運用を想定し,耐寒耐雪構造となっています。仙台総合鉄道部に所属し,東北本線にて試験を実施していました。しかし,EF200と同様,6000kWという出力に対し変電所の容量が不足した他,高調波電流による誘導障害の発生や,輸送需要の変化などによりついに量産はされず,試作機1両のみで製造を終了しています。
No.232-11
1991年8月17日
EF500-901
吹田機関区


91年夏の吹田機関区公開に登場した901号機です。スーパーライナーのヘッドマークが誇らしい。後から出てきたEF510と比較するとスカート形状とヘッドライトが上部にない点などかなり印象が異なります。
No.233-11
1991年8月17日
EF500-901
吹田機関区


2END側です。このEF500-901号機は残念ながら2002年に廃車されてしまいました。
No.233-6
1991年8月17日
EF500-901
吹田機関区


1END側です。INVERTER HI-TECH-LOCOのロゴが格好良いのですが,誘導障害とか変電所が持たないとか課題が出て,持てる能力を十分発揮できなかったようです。
No.232-15
1991年8月17日
EF500-901とEF200-901
吹田機関区


EF200-901と並んだEF500-901。"同期"でスペックは良く似ているのですが,面構えは結構違います。
No.233-7
1991年8月17日
EF500-901
吹田機関区


たくさんのファンの前に進み出てご挨拶をするEF500-901。フィルタの形状が独特です。




No.233-9

 2011年9月15日作成

■ 参考文献
 新車ガイド:JR貨物EF200形 鉄道ファン354 1990年10月号 交友社
 最新JR機関車 ヤマケイレイルブックス 12 2002年3月 山と渓谷社