日本鉄道資料館

EF80

EF80 1~63
EF80形は,常磐線の上野~平間旅客列車電化開業用として50両の新製が計画され,まず20両が水戸までの運用に備えて1961(昭和36)年度第二次債務で発注されました。取手~藤代間の交直セクション(直流1.5kV-交流50Hz・20kV)を通して運転するための交直流電気機関車としては,ED46形が試作されていました。この試作段階では,旅客用はD形機,貨物列車用はF形機として計画が進められましたが,旅客列車がいずれEC化されるとD形機の転用が難しくなることから,交直流機はF形機一本に絞られることになりました。ED46形に対し,F形化により交流関係機器が大型化することと,直流区間に電気暖房(EG)用MGを必要とする(交流区間では主変圧器3次巻線から電源を取得)ことから,この重量吸収に1台車1電動機方式が採用されました。主電動機は650kWのMT53が開発され,主整流器にはシリコン方式のRS9を採用,一時間定格は1950kW,軸重16.0t,総重量96.0tとなりました。車体では36年度第1次債務車のED72 3~12で初めてデザイン化されたシールドビームの左右振り分け配置を採っています。続いて21~30号機が製作されました。配置は勝田,田端両区です。続く31~40,41~50号機は貨物列車用として電暖用設備を撤去しています。EGを持たないため死重を積載して軸重16.0tを維持しています。さて,1966(昭和41)年度本予算にて約3年振りに13両が発注され増備されています。51~58号機が貨物専用機,59~63号機が客貨両用機です。これらは仕様がかなり異なっており,ピッキング防止のため引張棒式の台車(DT135,136)への変更,電動機MT53A化などにより軸重は16.3t,機関車重量は97.8tに増加しています。車体では,標識灯の灯体大形化,ヘッドライト形状は従来の凹み状からやや突き出した形に,電暖表示灯を持つ59~63号機では2・3位部分のみ運転室側窓上水切りが電暖表示灯上まで延長されています。また,運転室側窓の端部寄り半分が白Hゴム支持に,車体側面採光窓も白Hゴム支持となっています。
EF80 36 
No.D200_100522-18
2010年5月22日
EF80 36
大宮総合車両センター

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010で展示されたEF8036。展示に際し塗装され,美しい状態での公開となりました。EF65535やEF510-501と並んでも引けをとらない姿です。サイドのメーカーズプレートはありません。
(翌日追加)
No.D200_100522-81
2010年5月22日
EF80 36
大宮総合車両センター

今にも動き出しそうなEF80 36号機。一体型ツララ切りが特徴の面構えです。恒例の正面写真。
(翌日追加)
No.D200_100522-83
2010年5月22日
EF80 36
大宮総合車両センター

EF8036は下の表にあるように,昭和37年度第1次債務にて,常磐線田端-平間貨物列車電化開業用名目として日立製作所で製造されたグループで,EGを搭載していません。スカート回りが非常にすっきりしています。
(翌日追加)
EF80 63 
No.135-26
1986年10月10日
EF80 63 と ED75 39
高崎第二機関区

ゆうづるヘッドマークを付けたEF80のラストナンバー63号機がナナゴと並んで展示されました。80はともかく,ED75のパンタが両方上がっているのはなんとなく落ち着きません。
 No.145-22
1987年3月30日
EF80 63
高崎第二機関区

JR化直前に公開された高崎第二区の保存機関車群。
No.439-7A
2005年6月12日
EF80 63
碓氷峠鉄道文化むら

屋外展示ですが保存状態は良く一安心といったところ。

 2005年11月8日,20日作成

 ■参考文献 
  交流・交直流電機出生の記録  5 鉄道ファン320 1987年12月号 交友社 (EF80 1~30)
  交流・交直流電機出生の記録  6 鉄道ファン322 1988年 2月号 交友社 (EF80 31~50)
  交流・交直流電機出生の記録  9 鉄道ファン330 1988年10月号 交友社 (EF80 51~63)

 

機関車番号 製造会社 EG 発注区分名 発注名目
EF80 1~13 日立製作所 昭和36年度第2次債務 常磐線 上野-平間旅客列車電化開業用
EF80 14~20 三菱電機・新三菱重工
EF80 21~27 日立製作所 昭和37年度民有車両
EF80 28~30 三菱電機・新三菱重工
EF80 31~40 日立製作所 昭和37年度第1次債務 常磐線 田端-平間貨物列車電化開業用(第1陣)
EF80 41~50 日立製作所 昭和37年度第2次債務 常磐線 田端-平間貨物列車電化開業用(第2陣)
EF80 51,52 日立製作所 昭和41年度本予算 新金線完全電化用および水戸線電化開業用
EF80 53~55 東京芝浦電気
EF80 56~58 三菱電機・三菱重工
EF80 59~63 日立製作所