日本鉄道資料館

EF16

EF16 1~12,20~31

 奥羽本線板谷峠で当初用いられたEF15形がブレーキ過熱による不具合を多発したため,EF15に回生ブレーキを取り付ける改造により誕生したのがEF16形直流電気機関車です。

EF16 1~12・・・1951年から奥羽本線福島-米沢間の直流電化に伴い,板谷峠登坂用に改造されたグループで,EF15 1~8,20~23を種車として生まれ,福島機関区に配置されていました。弱め界磁制御装置を取り外し,その代わりに回生ブレーキ装置を取り付けています。20~31号機と区別して福米型と呼称されます。その後,1964年からEF64型が配置されたため1~10号機はEF15型に復元,11,12号機は下記の上越型に改造の上,上越線で活躍しました。

EF16 20~31・・・1955~1957年に上越線水上-石打間の急勾配線用として改造されたグループで,EF1516~19,24~28,31~33の12両を種車として誕生しました。水上機関区に配置されてEF15牽引貨物列車やEF58牽引客車列車の前補機等で活躍し,EF64 1000番台の新製に伴い1982年までに全機廃車となりました。
EF16 20
No.N8204-24
1982年3月8日
EF16 20
上越線
岩原スキー場前(臨)→越後中里

上越線に181系「とき」を撮りに行った際の1コマにこれが写っていました。牽引機はEF651009でした。EF16 20は1982年2月27日付けで廃車になっています。メーカーズプレートがなく,廃車回送と思われます。
EF16 28
No.D200_100703-98
2010年7月3日
EF16 28
みなかみ水紀行館

D51旧客を見に行った折にしょうたが偶然見つけたEF16です。色あせており,側窓の数も少ないため最初EF16とはわかりませんでした。
No.D200_100703-99
2010年7月3日
EF16 28
みなかみ水紀行館

2END側です。車体の色あせとスノープロウの錆色が気になりますが,鋳物の連結器回りは原形を留めています。
No.D200_100703-100
2010年7月3日
EF16 28
みなかみ水紀行館

1END側です。水上機関区の区名札が入っています。
No.D200_100703-101
2010年7月3日
EF16 28
みなかみ水紀行館

1END側正面。貫通扉の窓が割られています。水上機関区跡地はD51の折り返し時に賑わっていましたので,このカマにも手を入れ,同じ敷地に保存して欲しいところです。

 2010年7月19日作成

■ 参考文献
 20世紀なつかしの機関車 山と渓谷社
 Wikipedia 国鉄EF16形電気機関車