日本鉄道資料館

EF57

EF57 1~15

 EF57は旅客用直流電気機関車で,1940(昭和15)年に1号機が登場しています。EF56形をベースに275kWモータを搭載し新形式となりました。客車暖房用の蒸気発生装置を搭載しています。1941(昭和16)年に量産型の2号機が登場し,1943(昭和18)年までに全15両が製造されました。
EF57 7 
No.D060503-52
2006年5月3日
EF57 7
宇都宮駅東公園

EF57 7号機は1942(昭和17)年9月30日に日立製作所にて新製。沼津機関区に配置されました。1951(昭和26)年浜松機関区,1953(昭和28)年沼津機関区,1956(昭和31)年長岡第二機関区,1960(昭和35)年宇都宮機関区と移り,1978(昭和53)年9月26日に宇都宮運転所で廃車となりました。ゆかりの地,宇都宮駅に程近い公園のプール脇に屋根つきで保存されています。訪問した時は午後のため半逆光になってしまいました。
No.D060503-59
2006年5月3日
EF57 7
宇都宮駅東公園

側面から。先台車,デッキに突き出したパンタグラフなど特徴がよくわかります。

 2008年1月27日 ページ新設