日本鉄道資料館

EF63

EF63 1~25

 昭和30年代前半の信越本線横川~軽井沢(横軽)間は,全国幹線系の中でも最急勾配66.7‰の単線で,特異なアプト式運転が行なわれていました。この横軽区間の輸送力改善のため,アプト複線化や迂回線建設などが検討された結果,既設線を利用して全面的に改良強化,複線化し,アプト式に代わる通常の粘着運転式とすることになりました。これに伴い,粘着運転可能な2550kW級のF形電機の開発が決定しました。こうして信越本線直通仕様のEF62形と横軽区間専用仕様のEF63形が誕生しました。機関車のベースはEF60形,EF61形を受けるものとし,EF63形ではF級標準タイプのB-B-B軸配の形態をとり,18tの軸重を十分に活用する台車構造として6軸F形機では最重量の108tで計画されました。EF63形は常に2両1組で使用され,坂下側である横川方に補機として連結させる運転方法がとられました。EF63形は1962年5月に1号機が試作機として製造され,それ以降,1976年7月まで,東芝,三菱・新三菱,川車・川電,川重・富士の各メーカにより25両が製造され,1997年10月1日付けでこの区間が廃止になるまで活躍しました。なお,5号機は9号機とともに1975年11月に事故廃車,1号機は1986年8月に廃車,14号機は1987年3月に余剰廃車となっています。
 1997年10月1日の長野(北陸)新幹線開業に伴い,信越本線横川-軽井沢間は廃止となり,EF63型は全機運命を共にしました。碓氷峠鉄道文化むらにおいて,1,10,11,12,18,24,25号機が保存されている他,2,14,15,19,22号機も各地で保存されています。
EF63 1
No.N8104-8
1981年7月22日
EF63 1
軽井沢

現役時代の1号機。所属していた大学の鉄道研究会では夏の信州合宿が開催され,初めて訪れた雨の軽井沢でEF631とご対面。秋の学園祭で写真をパネルにするということでモノクロ(ネオパンSS)を使用しました。ちなみに左にいるのは横軽専用のヨ3500です。
(2006/4/26再スキャン)
No.N8105-25
1981年7月23日
EF63 1
横川

スカート形状に特徴のある1号機の軽井沢方第2エンド。1号機は試作機として昭和36年度第3次債務にて昭和37(1962)年5月に東芝で誕生しています。昭和61(1986)年8月廃車。
(2005/04/10取り込み)
僚友EF621と並んで昔話に花を咲かせている?EF631。個人的にはこの青い塗色の方が好きです。
(2006/04/26取り込み)
No.136-18
1986年10月10日
EF62 1 と EF63 1
高崎第二機関区
No.145-15
1987年3月30日
EF63 1
高崎第二機関区

国鉄最後の春休み,高崎にEF63達を見に行ってきました。軽井沢方にはヘッドマークが取り付けできないのでヒモで結んであります。
(2009/03/22追加)
No.439-5A
2005年6月12日
EF63 1
碓氷峠鉄道文化むら

EF53やEF621とともに横川に保存されている1号機。こちらは併結用ジャンパ栓がない横川方の第一エンド。
(2006/04/26取り込み)
EF63 2
No.210-22
1991年3月24日
EF63 2+EF63+189系あさま
丸山

丸山のカーブを降りてきた2号機牽引の「あさま」。2号機は昭和37年度民有車両(2~6号機)として,昭和38(1963)年3月,東芝にて誕生しています。
(2005/04/10取り込み)
EF63 3
No.210-14
1991年3月24日
EF63 3+EF63+189系あさま
丸山

丸山のストレートを3号機先頭で横川に向かう「あさま」。3号機は昭和37年度民有車両(2~6号機)として,昭和38(1963)年3月,東芝にて誕生しています。
(2006/04/24取り込み)
EF63 4
No.N8104-11
1981年7月22日
EF63 4+EF63+189系
あさま
軽井沢

雨の軽井沢駅を出発し,碓氷峠に向かう4号機先頭の上り「あさま」。車や電柱の処理がまずいです。4号機は昭和37年度民有車両(2~6号機)として,昭和38(1963)年3月,東芝にて誕生しています。
(2006/03/19取り込み)
No.178-19
1989年12月23日
EF63 4
横川運転区

冬の斜光を浴びて休息する4号機。
(2006/04/26取り込み)
No.211-30
1991年3月24日
EF63 4+EF63+189系あさま
丸山

国鉄色の189系と協調運転する4号機。上の写真と比較すると新設されたアンテナが目立ちます。
(2006/04/24取り込み)
No.368-17
1997年7月14日
EF63 4+EF63+489系白山
丸山~横川

白山色の489系と協調運転して峠を下るEF63重連。先頭は4号機。
(2006/03/19再スキャン)
EF63 6
No.196-21
1990年10月7日
EF63 6+EF63+165系なのはな
熊ノ平

165系6連の「なのはな」を牽引する6号機。6号機は昭和37年度民有車両(2~6号機)として,昭和38(1963)年3月,東芝にて誕生しています。
(2006/03/19取り込み)
No.223-28
1991年6月16日
EF63 6+EF63+EF62 49
+12系オク座
丸山→横川

尾久の12系お座敷列車を3重連で牽引する6号機。
(2006/04/25取り込み)
EF63 7
No.369-34
1997年7月14日
EF63 7
横川運転区

緑の横川区で憩うひととき。7号機と20号機。7号機は昭和37年度債務(7~13号機)として,昭和38(1963)年4月,三菱・新三菱にて誕生しています。
(2006/04/24取り込み)
EF63 8
No.178-23
1989年12月23日
EF63 8と189系あさま
軽井沢


雪の残る軽井沢駅で189系への連結作業。緊張する一瞬です。8号機は昭和37年度債務(7~13号機)として,昭和38(1963)年5月,三菱・新三菱にて誕生しています。
(2006/04/26再スキャン)
EF63 10
No.223-16
1991年6月16日
EF63 10+EF63+115系
丸山→横川

115系3両を牽引する10号機。10号機は昭和37年度債務(7~13号機)として,昭和38(1963)年5月,三菱・新三菱にて誕生しています。
(2006/04/25取り込み)
No.249-14
1991年12月1日
EF63 10+EF63+189系
丸山

EF63 10号機の正面
(2006/04/25取り込み)
No.437-14
2005年6月12日
EF63 10
碓氷峠鉄道文化むら

屋外展示の1号機と異なり,かつての横川運転区の建屋内に展示保存されている10号機。息子と双頭型連結器で遊んできました。外観からはいつでも復活できそう!
(2006/04/26取り込み)
EF63 11
No.196-14
1990年10月7日
EF63 11+EF63+189系
あさま
熊ノ平

雨の熊ノ平を通過する「あさま」。11号機は昭和37年度債務(7~13号機)として,昭和38(1963)年5月,三菱・新三菱にて誕生しています。
(2006/03/19取り込み)
No.369-8
1997年7月14日
EF63 11
横川

貫通扉を開放した11号機。中にはジャンパ栓がゴロリ。
(2006/04/24取り込み)
EF63 12
No.222-34
1991年6月16日
EF63 12+EF63+189系あさま
丸山←横川

189系を押し上げる12号機。12号機は昭和37年度債務(7~13号機)として,昭和38(1963)年5月,三菱・新三菱にて誕生しています。
(2006/04/24取り込み)
No.308-12
1993年8月22日
EF63 12+EF63+189系
あさま
丸山

上り「あさま」の先頭に立つ12号機。望遠でグッと迫ってみました。
(2004/11/14取り込み)
EF63 13
No.N8104-17
1981年7月22日
EF63 13+EF63+169系
矢ヶ崎

秋の学園祭出品用にと,鉄研のK先輩に引き伸ばしてもらったコマがこれです。そりゃもう大感激でした。パネルは今でも実家に飾ってあります。13号機は昭和37年度債務(7~13号機)のラストとして,昭和38(1963)年5月,三菱・新三菱にて誕生しています。
(2006/04/26再スキャン)
No.369-3
1997年7月14日
EF63 13+EF63 19
横川

ぶどう色の19号機とペアを組む13号機の軽井沢側連結面。
(2006/03/19取り込み)
No.D200_100522-95
2010年5月22日
EF6313 カットモデル
大宮総合車両センター

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010で展示されたEF6313号機の2END(軽井沢)側のカットモデルです。当たり前ですが,上の写真と同じです。
(翌日追加)
EF63 14
No.65-35
1984年8月19日
EF65 1040とEF63 14
浜松機関区

余剰廃車になってしまった14号機。浜松のきかんしゃ大集合で展示されていた写真を見つけました。
(2006/05/14追加)
EF63 15
No.196-36
1990年10月7日
EF63 15+EF63+EF62
+14系SER
熊ノ平

サロンエクスプレスレインボーの先頭に立ち雨の熊ノ平を通過する15号機。この日はEF62とSERの間になぜか旧型客車が1両連結されていました。15号機は昭和40年度第2次民有車両(14,15号機)として,昭和41(1966)年7月,東芝にて誕生しています。
(2004/11/13取り込み)
オリジナル塗装の189系をサポートして横川に向かう15号機。光線の回り方がいいですね,と自画自賛。
(2006/04/24取り込み)
No.222-32
1991年6月16日
EF63 15+EF63+189系あさま
丸山→横川
EF63 16
No.178-11
1989年12月23日
EF63 16
横川運転区

妙義山を望む横川区における16号機。16号機は昭和40年度第2次債務(16,17号機)として,昭和41(1966)年7月,東芝にて誕生しています。
(2006/04/26取り込み)
No.248-35
1991年12月1日
EF63 16+EF63+189系あさま
丸山→横川

晩秋の横軽をゆく16号機先頭の「あさま」。
(2006/04/25取り込み)
EF63 17
丸山のストレートを下り最後の活躍をするEF63。このあたりは勾配が緩く一安心といったところです。構図は良いのですが,189系の塗色がちょっと…。国鉄色に勝るものはないと思います。17号機は昭和40年度第2次債務(16,17号機)として,昭和41(1966)年7月,東芝にて誕生しています。
(2006/03/19再スキャン)
No.368-25
1997年7月14日
EF63 17+EF63+189系あさま
丸山→横川
EF63 18
No.222-6
1991年6月16日
EF63 18+EF63+189系あさま
丸山

EF63の実力を発揮する急勾配区間。18号機は昭和41年度第2次債務(18,19号機)として,昭和42(1967)年8月,川車・川電のペアにて誕生しています。
(2006/04/25取り込み)
No.368-20
1997年7月14日
EF63 18+EF63+189系あさま
丸山←横川

ぶどう色になった18号機が189系を押し上げていく。
(2006/03/19取り込み)
EF63 19
No.250-25
1991年12月1日
EF6319+EF63+EF62+旧型客車
丸山→横川

冬の峠を下る19号機先頭のブライダルトレインです。3重連+旧客5両。豪華ですねぇ。19号機は昭和41年度第2次債務(18,19号機)として,昭和42(1967)年9月,川車・川電のペアにて誕生しています。
(2006/04/25再スキャン)
No.369-18
1997年7月14日
EF63 19+EF63 13+485系

丸山→横川

ファンが見守る中,宴を牽引する19号機。19号機もぶどう色に塗色変更され終焉を迎えました。
(2006/03/19取り込み)
EF63 20
No.178-21
1989年12月23日
EF6320
軽井沢


会社の鉄道ファン有志による「クリスマスツアー」にて。峠の主ロクサンの双頭型連結器がいかめしい2エンド側です。20号機は昭和43年度第4次債務(20,21号機)として,昭和44(1969)年7月,川車・富士のペアにて誕生しています。
(2006/04/26再スキャン)
No.209-36
1991年3月24日
EF63 20+EF63+189系
丸山→横川

春の日差しを浴びる20号機。
(2006/04/24取り込み)
EF63 22
No.211-10
1991年3月24日
EF63 22+EF63+115系
丸山

貴重な各停を押し上げる22号機。旧丸山変電所はレンガ造りの立派な遺跡ですが,屋根がありませんでした。ブロック式ナンバープレートはこの22号機以降に採用されています。22号機は昭和49年度第1次債務(22,23号機)として,昭和49(1974)年6月,川重・富士のペアで誕生しています。
(2006/04/24取り込み)
EF63 23
No.196-6
1990年10月7日
EF63 23+EF63+189系あさま
熊ノ平

熊ノ平信号所を通過する23号機。レベルの信号場内からトンネルに入ると急に勾配がついているのがわかります。23号機は昭和49年度第1次債務(22,23号機)として,昭和49(1974)年6月,川重・富士のペアで誕生しています。
(2006/03/19再スキャン)
No.223-19
1991年6月16日
EF63 23+EF63+189系あさま
丸山→横川

オリジナル塗装の189系をサポートして横川に向かう23号機。
(2006/04/25取り込み)
EF63 24
No.307-36
1993年8月22日
EF63 24+EF63+189系
あさま
丸山

丸山変電所跡の赤レンガをバックに峠を降りる24号機。24号機はEF63の最終ロット,昭和50年度第2次債務(24,25号機)として,昭和51(1976)年7月,川重・富士のペアで誕生しています。
(2004/11/14取り込み)
No.368-11
1997年7月14日
EF63 24+EF63 25+115系
丸山

ぶどう塗色になった24号機。25号機とペアを組み普通電車を牽引。
(2006/03/19取り込み)
EF63 25
No.369-4
1997年7月14日
EF63 25+EF63 24
横川

末期の頃,ぶどう色に塗られたラストナンバー25号機。軽井沢側のジャンパ栓群がEF63の特殊性を主張しています。25号機は昭和50年度第2次債務(24,25号機)として,昭和51(1976)年7月,川重・富士のペアで誕生しています。
(2005/04/10再スキャン)
横軽の想い出
No.N8104-13
1981年7月22日
189系 あさま
矢ヶ崎


峠を登りきってやれやれという表情?のあさま。もちろんJNRマーク付です。
(2006/04/26再スキャン)
No.N8105-20
1981年7月23日
189系 あさま
碓氷第三橋梁付近

信州夏合宿の目玉となった横軽「協調」撮影会での作品。
(2005/04/10再スキャン)
No.N8105-22
1981年7月23日
489系 白山
碓氷第三橋梁付近

美しき489系白山です。信州夏合宿の撮影会での1枚です。当時はまだネガ(フジカラーF-Ⅱ)を使っていました。かなり退色してましたが,Photoshopを駆使してこの通り復活! このあとに撮影した「ひばり」「みどり」「かもめ」などが文字ヘッドマークなのにボンネット白山はこの時点で絵入りマークでした。
(2005/04/10再スキャン)
No.212-9
1991年3月24日
115系+EF63重連
碓氷第三橋梁付近

115系を押し上げるロクサン重連。トンネルポータルの上から。ロクサンの特異な屋根が見えるアングルです。
(2006/04/26再スキャン)
No.211-34
1991年3月24日
189系あさま+EF63重連
碓氷第三橋梁付近

アプト式時代のモニュメント,碓氷第三橋梁を横目に189系を押し上げるEF63。
(2006/04/26再スキャン)
No.221-29
1991年6月16日
189系あさま+EF63重連
丸山

このカーブから先,勾配がきつくなります。
(2006/04/26再スキャン)
No.222-5
1991年6月16日
489系白山+EF63重連
丸山

貫通タイプの489系です。カプラカバーの形状からJR西所属車であることがわかります。
(2006/04/26再スキャン)
No.222-21
1991年6月16日
EF6249+12系オク座+EF63重連
丸山

碓氷峠のもうひとりの主役EF62が後補機と連絡をとりながらお座敷列車を牽引。
(2006/04/26再スキャン)
No.210-8
1991年3月24日
EF63重連+EF62+12系ヌマ座
丸山→横川

パンタグラフが6つ並んで輝いていました。
(2006/04/26再スキャン)
No.368-31
1997年7月14日
EF63+189系あさま
横川付近

最後の夏。連結部分の流し撮り。
(2006/03/19再スキャン)
No.178-18
1989年12月23日
EF63+EF63 4
横川運転区

頼もしき僚友との語らい

 2006年3月12日~4月26日作成

■参考文献
 特集:最後の力持ち EF63 鉄道ファン428 1996年12月号 交友社