日本鉄道資料館

現在地: Home 電気機関車

EF510

EF510はEF81の後継機として2002年2月に完成した,DC,AC50/60Hzに対応する3電源対応の電気機関車です。1時間定格は3,390kW,12‰の勾配上で1300tの列車を1両で牽引できる設計となっています。EF210の基本設計を踏襲していることから,試作機は製造されず,1号機が先行量産機として新鶴見機関区に配置され各種試験に供され,2号機以降が2003年から量産機として製造されています。

続きを読む...

EF80

EF80形は,常磐線の上野~平間旅客列車電化開業用として50両の新製が計画され,まず20両が水戸までの運用に備えて1961(昭和36)年度第二次債務で発注されました。取手~藤代間の交直セクション(直流1.5kV-交流50Hz・20kV)を通して運転するための交直流電気機関車としては,ED46形が試作されていました。

続きを読む...

EF81

EF70中心の撮影会でしたが,EF81の試作機である1号機が登場し日本海マークを付け注目を集めました。EF81の1号機は糸魚川-宮内間の電化を直前に控えた1968年12月21日,昭和42年度第3次債務にて日立製作所で落成しました。所属は富山第二機関区で,その後も富山区から離れていません。

続きを読む...

EH500

EH500は首都圏~函館・五稜郭までの区間をスルー運転する目的で設計された機関車で,EH10以来となる連接車体を採用し,ED75重連を1両で置き換えることができます。主電動機として565kWのFMT4を8台装備し,IGBTによるVVVFインバータ制御により25‰上り勾配で1000t貨物列車を引き出せる能力を持っています。EH500-901は1997年に東芝府中工場で落成した試作機です。

続きを読む...

秩父鉄道デキ

デキ100形は,日立製作所で製造された50t級の直流電気機関車で,軸配置はB-B,出力は200kW×4,デキ101,デキ102~106,デキ107,108の3タイプに分類されています。

続きを読む...