日本鉄道資料館

現在地: Home 客車 新系列客車 14系

14系

 ■ 14系客車(基本番台・座席車) オハ14,スハフ14,オハフ15
No.29-20
1984年1月4日
東海道本線 芦屋→西ノ宮
8010レ
EF651124+14系12両

EF65PFに牽引され定点をゆく14系。年末年始や夏季には14系を使用した臨時夜行列車が頻繁に運転されていました。
No.41-36
1984年3月31日
東海道本線 国府津
9023レ 踊り子55号
EF651118+14系8両

EF65PFに牽引された14系踊り子。多客時に運転されるこの客車踊り子は,当時東京機関区のEF65PFとEF58の共通運用とされ,ロクイチの登板を期待するファン注目の列車でした。
(2011/06/19追加)
No.68-35
1984年9月15日
東海道本線 高槻←山崎
9117レ 銀河53号
EF651106+14系

東海道本線529キロポスト,百山踏切を大阪へ向かう14系銀河53号。急行サインが入っています。この日はこの後PFのナノ座もあり,犬走りにはファンの姿があります。
No.77-16
1984年11月3日
東海道本線 高槻→山崎
雷鳥
EF81+14系

14系の長大編成による臨時雷鳥。季節臨や波動輸送に大活躍の14系です。
No.156-3
1988年4月10日
尾久客車区
スハフ14

日本海のテールサインを掲出したスハフ14。JR1周年で田端・尾久区公開で展示されました。スハフ14はディーゼルエンジンによる電源を搭載しており,その煙突がついています。
No.209-28
1991年3月21日
東海道本線 函南←三島
14系

反射板を取り付けて東海道を回送される14系。
 ■ 14系500番台(座席車) オハ14-500,スハフ14-500,オハフ15-500
No.17-22
1983年8月20日
函館本線 札幌
101レ ニセコ
14系500番台


函館本線(山線),小樽経由で函館~札幌間を結ぶ急行ニセコ。この列車にも14系ハザが使われていました。函館では青函連絡船25便(青森発10:15,函館着14:05)に接続し,函館14:32発。長万部16:24着,DD51前補機をつけ16:33発車。倶知安18:08,小樽19:24着,札幌20:07着というスジでした。
No.19-13
1983年8月25日
函館本線 札幌
516レ 大雪
14系500番台


石北本線で網走と札幌を結ぶ夜行急行「大雪」もこの編成でした。516レは,網走21:14発で,美幌,北見,,遠軽,上川,当麻,旭川などに停車し,札幌は6:15着でした。
No.19-15
1983年8月25日
函館本線 札幌
まりも
14系500番台

雪害対策のため道内では折り戸は使えず,引き戸とした500番台車。もちろん寝台車も接続されていました。札幌では函館,帯広,網走,稚内へとそれぞれ夜行急行が発着しており,14系は北海道ワイド周遊券で夏休みを過ごす学生達の強い味方となっていました。
■ 14系200番台(座席車) オハ14-200,スハフ14-200,オハフ15-200
No.161-24
1988年12月31日
東海道本線 芦屋→西ノ宮
シュプール白馬・栂池
14系200番台

1988年にJR西日本が主にシュプール号で使用するために改造した番台です。窓の下部は鮮やかな赤色,JR西日本カラーの青細帯が巻かれています。
No.187-3
1988年4月28日
鹿児島本線 博多
ムーンライト九州
14系200番台

オハフ15-200に展望室を取り付けたものです。
 ■ 14系客車(寝台車) オハネ14,オロネ14,スハネフ14,オシ14
No.N7805-15
1978年7月
東海道本線 住吉→摂津本山
あかつき
14系


スハネフ14を最後尾に大阪に向かうあかつき。103系が併走。当時,103系は非冷房車でした。
(2009/04/11追加)
No.N7805-21
1978年7月
東海道本線 芦屋←摂津本山
あかつき
14系


早朝の阪神間を走るあかつき。
(2009/04/11追加)
No.N8202-16
1982年3月7日
東海道本線 根府川
6レ みずほ
EF651097+14系


名所根府川を通過するみずほ。黄色いテールマークが印象的です。
No.N8309-19
1983年4月10日
紀勢本線 尾鷲
4003レ 紀伊
DD51+14系


出雲3号と併結のため分散型である14系が使われていた「紀伊」。尾鷲ではやたまくずれの客レと交換です。
No.111-28
1985年10月21日
DD51 1112+14系
出雲
山陰本線 下市←中山口


秋空の下を走る美しい出雲編成。
No.204-19
1991年2月9日
七尾線 能登中島←西岸
DE10+14系
能登 回送

七尾線七尾駅まで臨時に乗り入れていた能登編成の回送です。14系ハザ1両とハネ3両という編成です。
No.209-6
1991年3月21日
東海道本線 早川←根府川
EF65PF+14系
みずほ

石橋山付近をゆく特急みずほ。
No.225-14
1991年7月25日
東海道本線 豊橋
EF65PF+14系
さくら

豊橋停車中のさくら。
No.229-28
1991年8月11日
東海道本線 芦屋→西ノ宮
EF66+12系+14系ハネ
甲子園臨

夏の甲子園臨として運転された編成です。
No.D200_100227-29
2010年2月27日
EF64+14系 北陸
東北本線 上野

10年3月改正で廃止が決定した北陸です。土曜日の夜,13番線は多くのファンが詰め掛けていました。
(2010/03/07追加)
■ 14系500番台(寝台車) オハネ14-500,スハネフ14-500,オハネフ15-500
No.19-16
1983年8月25日
函館本線 札幌
オハネ14-505


まりもの寝台車,オハネ14の500番台車です。自動扉が引き戸となっていることが,もっとも目立つ内地の14系との違いです。
No.D200_09030-21
2009年3月20日
函館本線 札幌
はまなす
スハネフ14-552


1991年にオハネフ25-200番台を種車に改造された車両のため,切妻です。
 ■ 14系15形客車(寝台車) オハネ15,スハネフ15
No.N8001-12
1980年3月20日頃
長崎本線 長崎
あかつき
オハネフ15


家族旅行で三ノ宮~長崎間を乗車した15形のあかつきです。
 ■ 14系欧風客車 オロ14-700,スロフ14-700
No.26-23
1983年11月29日
東海道本線 芦屋→西ノ宮
9208レ
EF58 61+
14系「サロンエクスプレス東京」


第1弾欧風客車として1983(昭和58)年8月に大宮工場で改造され,東京南鉄道管理局品川客車区に所属する東サロ,SETこと「サロンエクスプレス東京」。編成は,1号車からスロフ14-701+オロ14-701+オロ14-702+オロ14-703+オロ14-704+オロ14-705+スロフ14-702という7両編成です。1号車はコンパートメント4室とパノラマ室,中間車には1両5部屋のコンパートメント,7号車にはパノラマ,ラウンジカーとなっています。
この日はEF5848[宮]のなにわに続いてEF5861[東]の東サロが秋空の下快走しました。
No.40-36
1984年3月30日
東海道本線 東京
14系「サロンエクスプレス東京」

東京駅7番線に到着した「サロンエクスプレス踊り子」。この展望席があこがれでした。
(2012/09/02追加)
No.26-19
1983年11月29日
東海道本線 芦屋→西ノ宮
9946レ
EF58 48+
14系「サロンカーなにわ」


東京南局の東サロとほぼ同時期に完成を見た大鉄局の「なにわ」。高砂工場において1983(昭和58)年に改造された7両編成の欧風客車です。編成はスロフ14-703+オロ14-706+オロ14-707+オロ14-708+オロ14-709+オロ14-710+スロフ14-704となっています。1号車は展望車で,展望とラウンジを設けています。2~7号車は開放型のグリーン車で,自在に回転できるシートを備えています。7号車車端にも展望室を備えています。
No.22-11
1984年9月10日
東海道本線 京都
スロフ14-709


サロンカーなにわ落成時の京都駅展示です。とにかく人が一杯でしたが下の大阪よりはましで,内部を見学できました。
No.22-16
1984年9月10日
東海道本線 大阪
EF651128+
サロンカーなにわ


大阪駅展示の様子です。手前のホームにも見物人がうじゃうじゃいました。
No.147-28
1987年7月25日
常磐線 常陸多賀→日立
EF8195+14系
「スーパーエクスプレスレインボー」


専用機EF8195に牽引され常磐線を下るスーパーエクスプレスレインボーときわ号。
 ■ 14系和式客車 オロ14-800,スロフ14-800
No.127-11
1986年5月7日
東海道本線 芦屋→西ノ宮
EF651005+
みやび


鷹取工場において1986(昭和61)年に改造され,同年4月1日から営業運転を開始した7両編成の和式客車です。編成はスロフ14-801+オロ14-801+オロ14-802+オロ14-803+オロ14-804+オロ14-805+スロフ14-802となっています。4号車のオロ14-803に日本庭園と和風サロンを備えています。残念なことに同年12月29日に餘部鉄橋での事故で大破してしまいましたので,ほとんど撮影する機会がありませんでした。

■参考文献
 早辺宗彦 「最近のお座敷客車」 鉄道ファン Vol. 23 271 pp76-82 1983年11月号