日本鉄道資料館

現在地: Home 客車

12系

国鉄12系客車(こくてつ12けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1969年(昭和44年)から1978年(昭和53年)まで、合計603両を製造した急行形座席客車のグループである。

続きを読む...

14系

国鉄14系客車(こくてつ14けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1971年(昭和46年)より設計・製造した客車の形式。

続きを読む...

20系

国鉄20系客車(こくてつ20けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1958年(昭和33年)に開発した寝台特急列車用客車である。

続きを読む...

24系

国鉄24系客車(こくてつ24けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した寝台客車である。

続きを読む...

50系

50系客車(50けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が主に地方都市圏の通勤・通学時間帯の普通列車に使用する目的で、1977年(昭和52年)より設計・製作した一般形客車の系列である(区分の経緯については#車両区分についてを参照)。その塗装から「レッドトレイン」とも称されていた。

続きを読む...

片上鉄道

1991年に廃止された同和鉱業片上鉄道の客車の写真です。といっても走っているところを撮影する機会がなく終わってしまいました。ホハフ2003,2004,3002の3両が動態で保存されているので一度乗りたいものです。

続きを読む...

サブカテゴリ

  • 皇室用客車(お召列車)

    お召列車は,天皇・皇后両陛下の行幸啓に際して運転される特別列車で,鉄道開業時からの長い歴史があります。近年においては,特に春の全国植樹祭や秋季国体開会式,全国豊かな海づくり大会,国賓のご案内など,公式行事には,1号御料車と4両の供奉(ぐぶ)車から成る一号編成が使用され,EF5861を筆頭とする磨き上げられたロイヤルエンジンが牽引するという形で運行されてきました。しかしJR移行後,一号編成の運用範囲は東日本管内に限定されてしまった上,航空機や新幹線,特急のグリーン車をご利用になることが多く,運行の機会は極めて少なくなりました。さらに,07年7月にはE655系が落成,08年から使用開始され,明治以来の長い歴史を持つ,客車列車によるお召列車は終焉を迎えました。なお,JR西日本管内においては「サロンカーなにわ」が使用されており,今後も動向が注目されます。ここでは私が撮影した一号編成に関するお召に限定し,新しい行事から順に並べてあります。

     

  • 旧型客車
  • 新系列客車
  • 私鉄客車